忍者ブログ
男はいくら結婚しても一人になりたい時があるもんなんですね!
[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パリより愛をこめて ストレートなストーリーでした。スパイアクション物で、目新しい設定はないけれど、逆にストーリーの先は読めるので、どっぷり浸かって見られる作品でした。
って…スパイアクション物で安心してたら、アカンよね。
でも、何となく、そこが良かったんだな。

ジョン・トラちゃん演じる「ワックス」
頭にもワックスをかけているかのような(ごめんなさ〜い)ツルツルの坊主頭。
太り気味で、スマートさはないけれど、仕事のできる男。成果は必ず出す。
けれど、ドンパチドンパチやりすぎなんじゃないの〜。
目立ってしょうがない。

ジョナサン・リース・マイヤーズ演じる「ジェームズ」
できる男だけど、まだ新米。
愛を大切にする男。
いつまででも、壺は持たないといけないのよ^^。うふふ〜。

「96時間」では、父親の娘への溺愛に、苦笑もしたけれど、とっても真っ直ぐな愛は素敵だった。

この「パリ〜」でも、ラストのジェームズとキャロリンのシーンで、やっぱり愛を感じた。
ジェームズのキャロリンに対する愛。
キャロリンのジェームズに対する愛。
最後の電話。

ストレートなストーリー。
ひたむきな愛。
いいじゃん!

難を言えば、ジョン・トラちゃん、頑張っていたけれど、もう少し、ほんのちょっと、敏捷に走って欲しかったな
ttp://movie.goo.ne.jp/usr/10016596/movie/MOVCSTD16208/index.html
誰かを好きになるのはその人の事をあまり知らないからですよね。
だから付き合ったら、やっぱり思った人と違った、となるわけですよw
互いの全てを知り尽くすまでが愛なのでしょうか?
何か哲学みたいになりましたが、人を好きになるのは素晴らしい事ですよ。




PICKUP
査定には車検証が必須
着手金 個人民事再生
身近な税理士を探す[さいたま県]
リンツァートルテ
経済産業省を装った詐欺/詐欺被害を防ぐ
結婚式で読む両親への手紙
ヴィースの巡礼教会
プロフィトロール
税理士が経営者の力に
引越しのスケジュール
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
映画「パリより愛をこめて 」ここでは理性はぶっ飛んだ、単純に面白い
「パリより愛をこめて 」★★★★面白い ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リス=マイヤーズ 出演 ピエール・モレル 監督、95分 、2010年5月15日公開、2010,フランス,ワーナー・ブラザーズ (原題:From Paris with Love )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「ジョナサン・リース・マイヤーズ扮するアメリカ大使館職員が、 ジョン・トラボルタ扮するFBIエージェン...
URL 2010/06/03(Thu)20:35:17
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by Ninja Blog Photo by COQU118 Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]